■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係

■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係


■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係
レーシック手術をしたいと考えている人の中には、ドライアイの症状がすでに出てしまっている人もいるかもしれません。
ドライアイを引き起こしてしまっている人というのは、残念ながらレーシックをすることが出来ないケースがあります。 「安かろう悪かろう」という言葉がありますが、これはレーシックについてはちょっとニュアンスが異なることがあります。
人気のあるクリニックではそれだけ患者数が多いので安く確実なレーシック手術を受けることが出来るのです。
そもそもドライアイというのは、長時間目を開けていることが出来ないで、異物感を感じる症状となります。
これは長時間コンピュータのモニターやテレビを見ている人に比較的多い症状ですのでご注意ください。

ドライアイとなっている人でも、状況によりましてはレーシックの手術を受けることは出来ます。
しかし重い強度のドライアイにおきましてはレーシックを受けることが出来ないことを覚えておきましょう。




■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係ブログ:2017-10-16

疲れたときや思考が滞りがちな時、
みなさんは
腕を上に伸ばして
「うーん!」と
「伸び」をしたりしてませんか?

「伸び」って
結構、気分転換になるんですよね~

俺たちが無意識のうちに行っている「伸び」ですが、
実は、身体の緊張を解き、血流をよくしてリラックスできる、
とても効果的な動作なんですよね。

身体のいろいろな部位を伸ばす
「ストレッチ」は、「柔軟体操」とも呼ばれ、
運動前の準備体操や運動後のクールダウンだけでなく、
健康増進を目的としても行われています。

年齢を重ねるごとに、身体は固くなっていくもの。

なので
連日意識して、
日頃あまり動かさないところも伸ばしてみましょう。

身体を伸ばすと柔軟性が高まるのはもちろん、
血液やリンパ液の流れがよくなり、脳や神経を活性化し、
おまけに筋肉を鍛えることにもなります。

つまり、身体を伸ばし柔らかく保つことは、
老化を防ぐことにもつながるのです。

現代の生活では、
テレビの凝視、パソコンや携帯電話の操作、車の運転など、
同じ姿勢でいる時間が長く、
身体のいろいろな部分にコリが溜まりがちです。

大きな筋や関節をはじめ、
指や足など身体の先端に至るまで、
無理なくこまめに「伸び」をさせ、柔らかく保ちたいものです。

ちょっとしたすきま時間を利用して、
歯磨きや手洗いと同じように、習慣づけられると良いですね。

休日には家の中に引きこもっていないで
外に出かけて、
緑の中で気持ちよく「伸び」をすると、
身体だけでなく、心まで柔らかくなれそうですよね。

・・・と、書いてみるテスト
■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係

■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係

★メニュー

■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
■レーシック情報:気になるレーシック手術の使用器具
■レーシック情報:レーシックを受けることの出来ない目の状況
■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき
■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係
■レーシック情報:適性はレーシックの種類によって変わる
■レーシック情報:あの松坂選手もレーシックを受けました
■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシック
■レーシック情報:最も気になるレーシックの治療費用
■レーシック情報:自分に見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)安全な優良レーシッククリニックを探している人へ