■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係

■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係


■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係
レーシック手術をしたいと考えている人の中には、ドライアイの症状がすでに出てしまっている人もいるかもしれません。
ドライアイを引き起こしてしまっている人というのは、残念ながらレーシックをすることが出来ないケースがあります。 「安かろう悪かろう」という言葉がありますが、これはレーシックについてはちょっとニュアンスが異なることがあります。
人気のあるクリニックではそれだけ患者数が多いので安く確実なレーシック手術を受けることが出来るのです。
そもそもドライアイというのは、長時間目を開けていることが出来ないで、異物感を感じる症状となります。
これは長時間コンピュータのモニターやテレビを見ている人に比較的多い症状ですのでご注意ください。

ドライアイとなっている人でも、状況によりましてはレーシックの手術を受けることは出来ます。
しかし重い強度のドライアイにおきましてはレーシックを受けることが出来ないことを覚えておきましょう。




■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係ブログ:2018-12-16

減量中の人なら
誰でも感じたことがあると思うんですけど…

減量を始めて、
摂取カロリーをコントロールするには、
食事を残す勇気って重要ですよね?

目の前に並ぶ夕方食を見て、
これを全部食べたらカロリーオーバーだな…と思う。

せっかく減量のために、
食事量をコントロールしてきたことを思えば、
できれば今日もカロリーを抑えたい!

でも、せっかく作ってくれた人に悪いし…

こうやって出された食事を摂取していては、
カロリーコントロールの効果は落ちてしまいます。

そういう時は、
くよくよ悩まずにおいしくごはんを食べれば良いのですが…

とは言え、減量は継続が命。
一日ぐらい、たまにだったらいいと思いますが
「食べ物を残すのはダメ!」
という考えで連日の食生活を送っていたら、
減量を成功させるのは難しくなってきてしまいますよね。

特に、娘の頃から
「ごはんは残さず食べる」ということを大事にしてきた家庭では、
「潔く残す」なんてこと論外ですよね。
広い世界には、食べ物がなくて困っている人もいますから…

しかし考え方を少し変えれば、肥満は一種の病気。

出されたごはんをすべて食べることで、
肥満という病気が悪化するのに、
それでも食べることが、健康にとっては良いことなのでしょうか?

残すことでその病気を治すことができて、
健康なからだを手に入れることができるなら、
必要以上のごはんを残しても、
粗末にしたことにはならないのでは?

食べ物や、それを作ってくれた人に
感謝するのはとっても大切なことです。
感謝した上で、健康のために残す勇気を持つことも、
減量には必要だと思います。

とっぴんぱらりのぷう
■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係

■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係

★メニュー

■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
■レーシック情報:気になるレーシック手術の使用器具
■レーシック情報:レーシックを受けることの出来ない目の状況
■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき
■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係
■レーシック情報:適性はレーシックの種類によって変わる
■レーシック情報:あの松坂選手もレーシックを受けました
■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシック
■レーシック情報:最も気になるレーシックの治療費用
■レーシック情報:自分に見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)安全な優良レーシッククリニックを探している人へ