■レーシック情報:あの松坂選手もレーシックを受けました

■レーシック情報:あの松坂選手もレーシックを受けました


■レーシック情報:あの松坂選手もレーシックを受けました
メジャーで大活躍中の松坂投手がレーシックをしようと思ったのは、松坂投手の先輩が実際に治療したのがキッカケらしいです。
このことは雑誌やテレビでも報道されているように有名な話なのです。 視力のことで悩みを抱えている人というのは世界中で非常に多くいらっしゃいます。
これまではメガネやコンタクトなどの補助器が使用されてきましたが、今ではレーシックによって視力回復をすることが出来るのです。
松坂投手のレーシックの手術の感想は「全然問題無いと言われていたし、治療はアッという間に終了して痛みも無かった」と報告をしています。
またレーシック手術後の感想としましては「全てがクリアに見えるようになり喜びを実感しています」と会見をしていました。

レーシックによって0.05だった視力が1.5まで回復した松坂投手はその後アメリカで大活躍をされています。
この活躍もレーシックをすることによって、視力が回復した効果もあるのではないでしょうか?




■レーシック情報:あの松坂選手もレーシックを受けましたブログ:2018-07-10

皆様は、
減量の天敵といえば、何をイメージしますか?

ビールですか?油っこいものですか?スナック菓子ですか?
どれも、食べるのを控えないと
太ってしまうイメージがありますよね。

特に「ビール腹」なんて言葉があるくらいですから、
「ビールは減量のタブー」
といったイメージを持っている人が多いのでは?

ところが、ビールを飲んだからといっても、
太るなんて訳ではないのですよ!

アルコール類は、カロリーの一部が、
飲む事によって起こる熱で勝手に消費されるので、
ビール自体のカロリーは、高いとはいえないんですよね。

でも、ビールを飲むと、満腹中枢が影響を受けます。
ビールなどは特に、食欲が増進する効果があるので、
必要以上に食べてしまうのです。

おつまみには、脂っこいカロリーの高い食べ物が多いですよね。
ビールのあてには、濃い味つけのものや揚げものがよく合います。

しかも、ビールのシメには、
塩ラーメンなんかが食べたくなったりしてしまいます。
これも、ビールの影響です。
満腹なのに、お腹が空いていると勘違いをしてしまうんですね。

つまり、ビールを飲むだけなら、
相当無茶苦茶しない限り、太る原因にはならないのです。

おつまみのカロリーなどに注意したり、油っこいものを避ければ、
ビールを飲んでもそうブヨブヨにはならないでしょう。

ビールを飲むなら、つまみは塩!くらいの気持ちでいれば、
減量中の飲酒も特に問題はないと思います。

ビールよりもストレスの方がダイエットの天敵なので、
飲みたい願望とも上手につきあっていきましょう。

■レーシック情報:あの松坂選手もレーシックを受けました

■レーシック情報:あの松坂選手もレーシックを受けました

★メニュー

■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
■レーシック情報:気になるレーシック手術の使用器具
■レーシック情報:レーシックを受けることの出来ない目の状況
■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき
■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係
■レーシック情報:適性はレーシックの種類によって変わる
■レーシック情報:あの松坂選手もレーシックを受けました
■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシック
■レーシック情報:最も気になるレーシックの治療費用
■レーシック情報:自分に見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)安全な優良レーシッククリニックを探している人へ