■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき

■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき


■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき
レーシック手術というのは、妊娠中や出産した直後におきましても、受けることは出来ます。
しかし一般的にはどのクリニックに相談を行ったところで、妊娠中や出産直後の方はレーシックを断られてしまうことがあります。 あまりにも数多く存在しているレーシックに関する情報サイトの中には、経験の浅い医師のクリニックが紹介されていることがあります。
レーシックはとにかく経験豊かな医師へ相談をすることが最も大切なことなので、事前に調査をしておくようにしましょう。
レーシック手術後に使うこととなる点眼というのは、ごく少量ですが体内の赤ちゃんに影響の出てくる可能性があります。
ですのでどんなに妊娠中でレーシックが可能でも、出来る限り避けるべきだと言えます。

妊娠中や出産直後の女性の年齢でしたら、決して焦ってレーシックを受ける必要はありません。
授乳が終わった時期に、レーシックの適性検査を受けるようにしましょう。




■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべきブログ:2017-10-07

読者様は、
ファスティングシェイプアップというシェイプアップ法を
耳にしたことはあるでしょうか?

ファスティングシェイプアップというのは、
野菜や果物のジュースだけを飲みながらシェイプアップするというもので、
流行したりんごシェイプアップや、
朝バナナシェイプアップと同じようなものです。

こうした方法って、体重が減るのは早いのですが、
その分リバウンドを起こしたり、肉体を壊したり、肌がカサつくなど、
リスクが高いんですよね。

このようなシェイプアップ法は、
単に体重を落とすだけですので、肌のつやが失われ、
美しいプロポーションになるというよりも、やつれた状態になり、
肉体への負担も高くなります。

食べないことでシェイプアップするのは安直過ぎますし、
数年後には健康に大きな問題が起こりますよ。

シェイプアップにふさわしいご飯とは、
やはり野菜中心で、1食あたりに、
手の平ほどのサイズのタンパク質と、脂質を摂る必要があるそうです。

正しいシェイプアップには、タンパク質や脂質などの、
普通シェイプアップ時には摂取するのを避けたいと思う食品が、
逆に健やかにボディサイズを減らすポイントになるのです。

しかし、ただ野菜を摂れば良いのではなく、
野菜の摂り方にも工夫が必要です。

野菜はビタミン類と食物繊維の宝庫ですが、
野菜サラダで食べるにしてもドレッシングの質が問題ですし、
野菜サラダだけでは食物繊維が十分に摂りにくいのです。

野菜は、生で食べることで得られる栄養もありますが、
加熱しなければ吸収されにくい栄養素もあります。

大きな野菜サラダボール一杯の野菜サラダより、
一鉢のきんぴらごぼうのほうが栄養は遥かに摂れるんですよね!

■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき

■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき

★メニュー

■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
■レーシック情報:気になるレーシック手術の使用器具
■レーシック情報:レーシックを受けることの出来ない目の状況
■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき
■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係
■レーシック情報:適性はレーシックの種類によって変わる
■レーシック情報:あの松坂選手もレーシックを受けました
■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシック
■レーシック情報:最も気になるレーシックの治療費用
■レーシック情報:自分に見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)安全な優良レーシッククリニックを探している人へ