■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシック

■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシック



■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシックブログ:2016-02-07


会社での休み時間、友人や兄との会話…
どこでも、「痩せた」「太った」
この言葉をよく聞いたり、くちにしたりしている事が多くないですか?

わが家でも子どもがよくくちにしている言葉なんです。
恐らく俺や兄が
減量の会話をよくしているからだと思うのですが…

自分の体型をつねに意識しているのは、
とてもいい刺激になっているので、俺はいい事だと思うんです。

しかし、毎日神経質になりすぎるのは、
気分的にも疲れてしまいませんか?
意識しつつも、神経質になりすぎないことが大事なのでは?

それでも
充分減量には成功すると思うんですよね。

毎日3食バランスよく摂っていても、
体重が少し増えてしまう時だってあります。

よる、スナック菓子を少し食べすぎてしまったり、
その日の生活パターンで微妙に変わるものです。

だからといって、
昨日はせっかく痩せたのに、今日は太ってる…
なんて気分の浮き沈みが激しければ、
減量にも影響を与えてしまうんですよね。

食べ過ぎれば、体重だって増えるのは当たり前!
落ち込まずに、ただリセットすればいいだけ!
…と気楽に考える事も重要だと思います。

俺の経験上ですが、
神経質に気にしすぎて、気分が落ち込んだりマイナスな時は
なぜか減量も順調には進まないんです。

逆にあまり気にしすぎずに、
気持ちに余裕をもっている時の方が、順調に進みます。

「痩せた」「太った」
この二つの言葉に振り回されず、気にしすぎずに、
自分のペースで減量を頑張りましょう!

■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシック

■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシック

★メニュー

■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
■レーシック情報:気になるレーシック手術の使用器具
■レーシック情報:レーシックを受けることの出来ない目の状況
■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき
■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係
■レーシック情報:適性はレーシックの種類によって変わる
■レーシック情報:あの松坂選手もレーシックを受けました
■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシック
■レーシック情報:最も気になるレーシックの治療費用
■レーシック情報:自分に見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)安全な優良レーシッククリニックを探している人へ