■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因



■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:2016-04-07


「ダイエット中は間食を控えるべき」
というのは、皆さんご存知だとは思いますが…

ついつい間食してしまうという人は、
食事を食べてから数時間でウエストがすいてしまい、
手軽にウエストを満足させるために、
おかしなどを食べることが多いですよね。

食後数時間で体の脂肪がエネルギーとして使われ始めますが、
砂糖を多く含む食品を食べることで、
インスリンが分泌されて体の脂肪燃焼がストップしてしまいます。

つまり、
しょっちゅう間食をしている人は、
体脂肪が燃焼する暇を与えないので、
体脂肪が燃焼しにくい体になっていくわけです。

また、ウエストがすいている時に食べるので、
ついつい食べ過ぎてカロリーオーバーになります。

砂糖を多く含むおかしなどを食べれば血糖値は急上昇し、
インスリンが多量に分泌されます。

同じ糖質でも、
ライスなどに含まれるでんぷんより、
砂糖のほうが消化吸収が早いので、
ライスよりもおかしのほうが急激に血糖値が上昇します。

砂糖を多く含んだおかしなどを食べることで
急激に上昇した血糖値は、インスリンの分泌によって急激に下がります。
血糖値が急激に下がれば、すぐに空腹を感じます。

砂糖を多く含む食品は、一時的にはウエストが満足しますが、
意外と早く空腹を感じる(腹持ちが悪い)ので、
以降の食事を減らすことが難しくなり、
結果として、カロリーオーバーしやすい食生活になってしまうのです。

こうして食生活が極端に糖質を多く含む食品に偏ると、
インスリンの過剰分泌によって血糖値が下がるのも急になりますので、
体の脂肪がエネルギーとして使われる間もなく…

「激しくウエストが減る→間食する」
という悪循環に陥ってしまいます。

■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

★メニュー

■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
■レーシック情報:気になるレーシック手術の使用器具
■レーシック情報:レーシックを受けることの出来ない目の状況
■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき
■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係
■レーシック情報:適性はレーシックの種類によって変わる
■レーシック情報:あの松坂選手もレーシックを受けました
■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシック
■レーシック情報:最も気になるレーシックの治療費用
■レーシック情報:自分に見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)安全な優良レーシッククリニックを探している人へ