■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因



■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:2016-09-21


あたしの今年の目標は、
「ストレスを溜めない!」ことです。

あたしのストレスとの付き合いは、
すごく長期間に渡ります。

ストレスのために、
胃薬に頼ったこともあります。

ストレスのために、
寝てる間も歯を食いしばり過ぎて、
朝起きてもくちがいつものように開かないときもありました。

ストレスのために、
マブタが痙攣したことも…

こういったようなからだに出る症状もありましたが、
毎日の生活において慢性的なものとしては、
ドカ食い+おやつを食べることでした。

ドカ食いをするわけですから、
咀嚼などほとんどしません。
おかずを少しつまんで、ライスをいっぱい食べるわけです。

コロッケにソースをたっぷりかけて、
味の濃さでライスをいっぱい食べる…なんて、
あたしの大好物!

自分ではあまり気付いていないのですが、
隣で見ていた妻からは
「誰も取らないから、ゆっくり食べなさいよ」
と笑われたりします。
それくらい、必死に一心不乱に食べているようです。

しかも、それだけでは物足りず、
今度はおやつに手が行きます。

スナック菓子などを手で食べると、
手が汚れて油がついてしまうので、
ライスを食べたお箸をそのまま、
おやつの袋におもむろに突っ込んで食べていきます。

しかも、途中で止めることができません。
「ガツガツ、ムシャムシャ…」
味などは、ほとんどわかりません。
ただただ、塩分をからだが欲しているんでしょうか…
止まりません。

一袋無くなるまで、一気に食べ続けてしまう…
そこで、我に返って満腹感を感じるといった感じです。

そして、少し時間がたってくると
あたしは胃もたれみたいなものに悩まされるのです。

■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

★メニュー

■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
■レーシック情報:気になるレーシック手術の使用器具
■レーシック情報:レーシックを受けることの出来ない目の状況
■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき
■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係
■レーシック情報:適性はレーシックの種類によって変わる
■レーシック情報:あの松坂選手もレーシックを受けました
■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシック
■レーシック情報:最も気になるレーシックの治療費用
■レーシック情報:自分に見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)安全な優良レーシッククリニックを探している人へ