■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき

レーシック手術というのは、妊娠中や出産した直後におきましても、受けることは出来ます。
しかし一般的にはどのクリニックに相談を行ったところで、妊娠中や出産直後の方はレーシックを断られてしまうことがあります。 あまりにも数多く存在しているレーシックに関する情報サイトの中には、経験の浅い医師のクリニックが紹介されていることがあります。
レーシックはとにかく経験豊かな医師へ相談をすることが最も大切なことなので、事前に調査をしておくようにしましょう。
レーシック手術後に使うこととなる点眼というのは、ごく少量ですが体内の赤ちゃんに影響の出てくる可能性があります。
ですのでどんなに妊娠中でレーシックが可能でも、出来る限り避けるべきだと言えます。

 

妊娠中や出産直後の女性の年齢でしたら、決して焦ってレーシックを受ける必要はありません。
授乳が終わった時期に、レーシックの適性検査を受けるようにしましょう。



■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべきブログ:2018-10-29

ぼくの実家は料理屋なのだが、
ぼくが小さい頃は、まだ芸者さんがたくさんいる時代で、
よるには、宴会によばれた芸者さん達がやってきていた。

芸者さん達は、お座敷以外でも、
時には艶やかに、時には気っ風よく、
その振る舞いは息子心に、かっこよく映ったものだった。

しかし、実際の芸者さんは華やかさだけではなく、
様々な悲哀をあわせもつ仕事だった。

そんな女性達の生き方を肌で感じながら、
ぼくは大きくなっていった。

この料理屋は、
ぼくの祖母が女手一つで築きあげたもので、
祖母は店を持つまでに、
本当に苦労を重ねて成功した人だったから、
たくましさ、力強さ、厳しさを持った女性だった。

若女将とよばれたぼくのお母さんは、
繊細で気配りタイプだが、時に、
周りを引き込むほどの明るさを発揮する女性だった。

板前のパパが後ろで支え、
店はまさに、女性達がまわしており、
こうした女性達に囲まれたぼくにとっては、
女性が社会の中心であると思って育った。

けれど、華やかに見える料理屋には、
様々な苦労があり、創始者の祖母はもちろん、
も、店での元気さと対照的に、
お母さん嫁ぎ先である我が家の嫁として大変な苦労をしていた。
パパは、そうした中を静かに守る立場を取らざるを得なかった。

一方、我が家は、
日本ではとてもオーソドックスな仏教の家で、
ぼくは祖母から、それをベースに様々なことを教わったのだが、
特に言われたのは「人はみんな平等である」というものだった。

祖母自身が我が家の中で平等を実践できていたかといえば、
それは教えと矛盾したことも多かったけれど、
祖母はそれを公私ともに宣言し、
できうる範囲で実践しようと務めていた。
それは、ぼくに大きな影響を与えた。

今日はおしまい!!!

ホーム サイトマップ