■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシック

レーシック手術を残念ながら受けることの出来ないケースというのは、目に何らかの疾患がある場合となります。
レーシックというのは、非常に敏感な部分となる目を取り扱っているために、治療を受けられる人に制限があるのは仕方の無いことなのです。 オリンピックや数々のスポーツ大会で大活躍をしているスポーツ選手も続々とレーシック手術を受け始めています。
もうメガネなどに頼る時代は終わりました。これからはレーシックで視力を回復させる時代なのです。
もし目に何らかの病気や疾患を持っていたり、特定の症状がある場合におきましては、治療を断念しなければいけません。
そのようなことはレーシックの事前検査でわかりますので、担当医に従う必要があります。

 

緑内障や白内障の方、ぶどう膜角膜やヘルペス性角膜炎を引き起こしたことのある方はレーシック手術が出来ません。
また角膜疾患を起こす可能性のある薬を服用している方も断られてしまうことがあるのでご注意ください。



■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシックブログ:2018-12-26

一週間前、オレは奥さんと
テレビの料理番組を見ていました。

イタリア風のカツレツの作り方を順を追って説明する内容だったのですが、
できあがったそのカツレツがおいしそうだったんですね。

で、その時は
「おいしそうだね〜」で終わったのですが、
3日後、あのイタリア風カツレツが夕方食に登場したのです!

早速いただくと、
これがまたおいしいのです!

テレビを見ていた時、奥さんは、
レシピをメモするでもなく、何となく見てたので、
テレビでやっていたカツレツが目の前にあるのに
オレはびっくりしました。

そこで、オレは
奥さんにどうやって作ったのか聞いてみました。

すると、奥さんは
「勘よ!」と答えました。

材料や分量は正確に覚えていないけど、
「こんな感じかな」と、だいたいの感覚で作ったというのです。

何となく見ていたテレビの情報から
「だいたいこんな感じかな」という勘で、
こんなにおいしいものができるということに、
オレは感心しました。

オレが作るとしたら、
指定の材料を指定の分量で説明通りにしか作れませんし…
しかも、それでできたものがおいしいかどうかは…

さらに奥さんは…
その「勘」を働かすには、
これまでの経験があるからであることや、
したが覚えている感覚を使うことも教えてくれて、
オレは大層感心したのでした。

そういえば、
奥さんは携帯を新しくしても、新しい電化製品を使う時も、
説明書を一切読まずに使う人なんです。

そして使い方がわからなかったら、
説明書を読む代わりに、
使い方がわかる人に聞くか、頼むという人でもあります。

オレは説明書を熟読して納得してからでないと使えないし、
自分で使いこなせるようになりたいタイプなので、
奥さんの感覚的なところがすごいと思うのでした。


ホーム サイトマップ