■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシック

レーシック手術を残念ながら受けることの出来ないケースというのは、目に何らかの疾患がある場合となります。
レーシックというのは、非常に敏感な部分となる目を取り扱っているために、治療を受けられる人に制限があるのは仕方の無いことなのです。 オリンピックや数々のスポーツ大会で大活躍をしているスポーツ選手も続々とレーシック手術を受け始めています。
もうメガネなどに頼る時代は終わりました。これからはレーシックで視力を回復させる時代なのです。
もし目に何らかの病気や疾患を持っていたり、特定の症状がある場合におきましては、治療を断念しなければいけません。
そのようなことはレーシックの事前検査でわかりますので、担当医に従う必要があります。

 

緑内障や白内障の方、ぶどう膜角膜やヘルペス性角膜炎を引き起こしたことのある方はレーシック手術が出来ません。
また角膜疾患を起こす可能性のある薬を服用している方も断られてしまうことがあるのでご注意ください。



■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシックブログ:2018-07-31

大腿部が太いと、他の部分が細くても、
どうしても太ってみえてしまいますよね。

大腿部が太くなる原因としては、
細かく分けるとさまざまな要因が考えられます。

中でも特に多いのは、
姿勢が悪い事が原因で大腿部が太くなるものです。

また、セルライトや脂肪の蓄積によって、
大腿部が太くなる場合も多いです。
エステなどにいけば簡単に細くなりますが、費用も時間もかかります。

なので、おれが実践している
「大腿部痩せ」の方法を少し紹介します。

姿勢が悪いと、血液の巡りが悪くなります。
必然的に「大腿部のむくみ」が起こりやすくなります。
まずは、できるだけ姿勢を良くするように注意しましょう。
脚を組まないのも重要です。

また、ヒールの高い靴や、脚にあっていない靴は、
正しい姿勢を保ちにくくさせます。
できるだけ、脚にぴったりで安定性の高い
スニーカーなどを履くようにしてくださいね。

セルライトや脂肪の蓄積には、
マッサージ、運動やストレッチなどが有効です。

気になる部分をお風呂で揉みほぐしたり、叩いたりするのがいいでしょう。
ストレッチは、お風呂上がりの体質がポカポカしている時が最適です。
普段使わないような筋を、ストレッチで動かしてあげましょう。
激しい運動は、筋肉がついて余計に太くみえる可能性があります。

運動するなら、
ゆっくり歩いたり、水中ウォーキング程度がベストですね。
目安としては、誰かと喋りながらでもできるような、軽い運動が最適です。
是非参考にしてみてくださいね。


ホーム サイトマップ