■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシック

レーシック手術を残念ながら受けることの出来ないケースというのは、目に何らかの疾患がある場合となります。
レーシックというのは、非常に敏感な部分となる目を取り扱っているために、治療を受けられる人に制限があるのは仕方の無いことなのです。 オリンピックや数々のスポーツ大会で大活躍をしているスポーツ選手も続々とレーシック手術を受け始めています。
もうメガネなどに頼る時代は終わりました。これからはレーシックで視力を回復させる時代なのです。
もし目に何らかの病気や疾患を持っていたり、特定の症状がある場合におきましては、治療を断念しなければいけません。
そのようなことはレーシックの事前検査でわかりますので、担当医に従う必要があります。

 

緑内障や白内障の方、ぶどう膜角膜やヘルペス性角膜炎を引き起こしたことのある方はレーシック手術が出来ません。
また角膜疾患を起こす可能性のある薬を服用している方も断られてしまうことがあるのでご注意ください。



■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシックブログ:2018-04-22

ダイエットにしっかり成功すれば、
「食べだしたら止まらない」という症状は
きっとなくなると思います。

たとえ起きたとしても、
それは多分「たまに」という程度になるのではないでしょうか。

なぜなら、
ダイエットの本来の目的である、
「内面から綺麗になる」ことを実現できたなら、
「腹いっぱい」
というレベルをきちんとからだが知っているからです。

あたくしも、今は食べ過ぎたなと思うときもありますが、
以前のように、
食べ過ぎなのに更に食べてしまうという…
いわゆる暴食はなくなりました。

からだが「これでもう十分だよ!」と
歯止めをかけてくれるんですよね。

かく言うあたくしは…
以前は食べ過ぎてしまうのなんて、日常茶飯事でした。

なのにリセットできないから、
体重はどんどん増えていく…
いつまで経っても消えない悩みだったんです。

リセットしようと思うと、
次の日食べなかったり、下剤を使ったり…

からだにもよくないし、
結果的には体重を戻せたとしても
食べなかった分リバウンドしてしまったり…

だからこそ、
下剤などに頼らず、
リセットのできる体質になる事が大切なんですよね。

適度な体操と、
バランスを考えたご飯を実践する…
正しいダイエット法によって、
内面から綺麗なからだになっていれば、自ずと
体質も変わっているはずです!

リセットできる体質、正しいリセットの方法を知り、
安心してご飯を楽しみましょう!

ただ単に体重を減らせば良いというダイエットではなくて、
根本的に体のことを考えたダイエットに励みましょう!

・・・と、こんな事書いてみる

ホーム サイトマップ