■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

レーシックにおける少々酷い失敗例なのですが、感染症を引き起こしてしまう可能性はゼロではありません。
特に多いのが角膜感染症と呼ばれているものであり、手術時に角膜に細菌やウイルスに感染をしてしまうのが原因となります。 最近非常に多くの芸能人やスポーツ選手がレーシックによって視力を取り戻しています。
その影響もあってか一般の人達もレーシックに興味を持ち続々とレーシックを受けているのです。
レーシックでのフラップの作成やレーザーの照射時におきましては、角膜が無防備な状態で出ていますので、その結果感染症を引き起こしやすくなっています。
なので消毒や滅菌などがクリニックでしっかり実施されているかが選ぶポイントとなるのです。

 

レーシックにおきましての失敗例の多くがクリニック側の衛生管理が原因となっている事実があります。
このことから手術そのものの危険性と考えるよりも、クリニック側が大きな問題と言えるのです。

還暦祝い プレゼント
還暦祝い プレゼント
http://kanreki-oiwai-land.com/ranking/



■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:2018-12-29

きのう、ムスコの三歳児検診に行って来ました。
身長、体重、視力、聴力などなど
ムスコの成長を確かめるのです。

検診の最後に心理相談という部屋がありました。
そこは子どもの心理や、
子どもを育てる親のこころの相談室です。

部屋の中に、
僕と妻とムスコの三人で入って行くと、
優しそうな男の先生が、迎えて下さいました。

実は今、子育てで悩んでいる事があったんです。

子どもも三歳になると、
子ども同士で遊ぶことが増えてきます。

もちろん子どもたちにも自我が芽生えて来てますから、
おもちゃを取り合ったり、ケンカになったりもするわけです。

それは至って自然な成長なのですけれど、
まだまだ、それぞれの子どもの成長に差があります。

うちのムスコは、
少し小柄で言葉もまだまだ赤ちゃん言葉なんです。

だから、どちらかと言うと
友人と一緒に遊べなかったり、
話している言葉が伝わらないので、
取り残されたりしてしまう事があるらしいのです。

普段、そんな自分のムスコを見ていると、
親としては色々感じてしまいますよね。

かわいそうになったり、
ムスコが傷ついているんじゃないかと心配になったり…
そんな話を先生に相談してみたのです。

すると先生は…

この世代の子どもは、多少友人とけんかしても、
親が感じているほどには、
子ども自身は傷ついたりしていません。

大切なのは、
親がたくさん子どもを「受容」してあげることです。

話をじっくり聞いてあげたり、
子どもの気持ちを解ってあげたり、誉めてあげたり…
たくさん受容してあげてください。

そうする事で、愛されている、受け入れられてるという安心感を得て、
エネルギーを蓄えて、また社会に向かって行こうとします。

このお話に、僕はすごく納得しました。


ホーム サイトマップ