■レーシック情報:適性はレーシックの種類によって変わる

レーシック手術をする場所の角膜に障害を持っている方というのも少なからずいることでしょう。
角膜に何らかの異常を持っている人は、場合によってはレーシックを受けることが出来ないので覚えておいてください。 レーシックの一番の大きなリスクとしましては、その確率はほぼ無いと言ってもいいですがやはり失明というリスクがあります。
しかし実際に失明をしたという例は無く、多くの人が視力を回復し普段の生活を眼鏡等を必要とすることなく送っているのです。
レーシックの種類によりましては、角膜の疾患があっても手術を受けることが出来るケースがあります。
そのような人も受けることの出来る視力回復手術も今ではあるので、担当医と相談をしてみましょう。

 

レーシックをすることの出来ない可能性のある人だったとしましても、まずはクリニックで相談をしてみるようにしましょう。
何らかの別の対処法を紹介してくれることもあるので、まずは優良クリニック探しから始めていきましょう。



■レーシック情報:適性はレーシックの種類によって変わるブログ:2018-04-18

コンチワ^^

ほとんどの人は「利き手」というものがあります。
同時に利き足、利き目、利き耳など、
日常の無意識の中で左右どちらかだけを多く使う生活をしています。

そうすると体質の左右のバランスが崩れて、
体質に「ゆがみ」が生じてしまいます。

体質がゆがむことで
肩こりや腰痛、頭痛、めまい、生理痛、部分太りなど、
体質全体に悪影響を与えてしまいます。

ゆがみがひどくなると血行を阻害し、
内臓にまで影響を及ぼすことも少なくありません。

特に骨盤のゆがみは、
ダイエットに悪影響をもたらすようです。

骨盤がゆがむと、背骨にもゆがみが生じてきます。
骨盤が背骨を支えているのですから、
土台がずれればその上にある骨がずれるのは当然です。

そうすると、全身の筋肉のバランスが悪くなり、
血液やリンパの流れが悪くなって、肩こりや腰痛などを引き起こします。

また、冷えやむくみ、代謝が悪くなることによる
下半身太りやO脚、肥満の原因になることもあります。

その上、疲労がたまりやすくもなるので、
体質を動かすのも億劫になって運動不足となり、
ますます筋肉が衰える…
という悪循環にはまってしまうことになります。

それ以外にも、女性は特に気になる
「尻が垂れている」「足が太い」
「ウエスト周りに変に脂肪が付く」など、
スタイルが崩れる原因になっていることもよくあります。

このように見てくると、
ダイエットのために食事制限しても、運動を頑張っても…
成果が見られない場合は、骨盤のゆがみが原因なのかもしれませんね!

みなさん!ゆがみを直して、
ダイエットを成功させましょう!

ホーム サイトマップ